【パッチ5.35】戦闘職全ジョブのXHB(パッド)とHUDレイアウト

私が各ジョブで設定しているXHB(パッド)の配置とHUDレイアウトです。

自分用の備忘録と、たまにフレンドさんたちから「人のホットバーの配置見たい」「パッドで遊んでいるけどアクションが入りきらない」と言われるのでメモとしてアップしておきます。

一応、ジャンポを使わずに全ジョブIDメインでカンストさせていますが、今後もプレイしながらちまちま変えていくと思いますし、XHBの配置に正解はありません。「やりやすい配置」「覚えやすい形」にカスタマイズするのがホットバーの醍醐味であり、【自分に合うか】がプレイ感を大きく左右するため、見ていただく場合も参考程度にお願いします。

各ジョブのHUD画像には食事・薬も映っていますが、サブステータスの調整を行う関係で使用する食事を選んでいたり、使用頻度が少ないジョブは最適解でなくても使い回しているものがあります。必ずしも最強装備に対する最適な選択肢ではない可能性があるため、あらかじめご了承ください。

目次

配置と設定について

配置は下画像の赤枠がXHB1オレンジ枠がXHB2(同時押し)黄色枠がXHB3/WXHB(2回押し)です。画像は「むーむーのネタ帳」さんの「ホットバーシミュレーター」を使用させていただいています。

「同時押し」については左右別々にすると間違えることが多かったので、L2→R2でもR2→L2でも同じ呼び出しになるように、どちらも「XHBセット2:右」で設定しています。そのため、XHB2は右半分しか使用していません。

設定はこんな感じ。黄色枠で囲った部分がXHBに関係するところです。

  • キャラクターコンフィグ
  • ホットバー設定
  • 「XHBカスタム」タブ
  • ホールド操作拡張設定
  • ■「L2」「R2」同時押しの拡張操作を有効にする
  • ■WXHBを有効にする/「L2」・「R2」2回押しで起動

その他、個人的な配置ルールなどについては記事の最後でまとめています。

タンクロールのXHB配置ルール・法則

大まかに決めている配置ルールは下の画像を参照してください。

タンクロールのXHBは、「スタンス」「遠隔攻撃」「接近攻撃」「軽減・バリア」「無敵技」など、タンクに欠かせない共通アクションをできるだけ各ジョブ同じ場所、もしくは感覚的に近い場所に配置するように意識しています。

左端に配置している「ゲージ消費」というのは、暗黒騎士の「ブラックブラッド」など固有HUDを消費して使用するアクションです(画像はナイトのHUDで、固有HUD「オウスゲージ」は攻撃に使わないためMP消費の「ホーリー」系を配置)。

【タンク】ナイトのXHB(クロスホットバー)とHUD

オウスゲージの横にどかーんと表示しているパッセとヴェールはWXHBに配置しているものなので、ここに表示する意味はあんまりありません。「ナイトっぽくてカッコイイ」という理由から置いているだけです。

【タンク】戦士のXHB(クロスホットバー)とHUD

レベル80戦士は「原初の猛り」が超便利で猛烈に強い必殺技なので、撃ち漏らしがないようにデカデカと表示しています。

【タンク】暗黒騎士のXHB(クロスホットバー)とHUD

暗黒騎士は試行錯誤中です。ブラッドウェポンとブラッドデリリアムの効果中にWS5回、がなかなか難しくて、「GCD後半に入れる」を意識するためにWSを大きく置いてみてます。

【タンク】ガンブレイカーのXHB(クロスホットバー)とHUD

ガンブレイカーは操作がDPS寄り、かつ独自の軽減アビリティの数も多めなので、タンクの中だとXHBの構成がちょっと特殊です。本当はソイル派生のコンボもXHB1に置くのが理想だったんですが、できるだけ他のタンクと形を崩したくなかったため、ソイル派生コンボはXHB2に置いています。

「ボーライド」の位置も他のタンクと違いますが、ガンブレイカーの無敵技はIDなどで普段使いを頻繁にするものではないからかえっていいかな・・・とか。

ガンブレイカーのHUDは『ビートファング』→『サベッジクロウ』→『ウィケッドタロン』のコンボを確実に入れていきたいので、ひと目でコンボの段階がわかるように表示しています。

ヒーラーロールのXHB配置ルール・法則

大まかに決めている配置ルールは下の画像を参照してください。

ヒーラーロールは正直、各ジョブごとに特徴がかなり違うので、私のXHB構成だと共通しているのは一部だけです。とりあえず「DoT」と「単体攻撃」、「範囲攻撃」、「蘇生」、特殊効果(HoTやバリア)付きの回復アクションなどはなるべく同じ位置にしていますが、ヒール系アクションなどはルールから逸れているところも多々あります。

ヒーラーに関しては配置がちょっとくらい違ってもいいや、と割り切っている感じです。

【ヒーラー】白魔導士のXHB(クロスホットバー)とHUD

【ヒーラー】学者のXHB(クロスホットバー)とHUD

【ヒーラー】占星術師のXHB(クロスホットバー)とHUD

占星はもうカードアクションが白・学と違い過ぎて・・・配置決めるのが大変でした。

「ドロー」と「プレイ」がXHB1とXHB2でわかれていますが、本当は近くにまとめたくていろいろいじった末、結局同じボタンで使えた方が間違えなかったのでこの形に。占星でカードを配る時はモンハン持ちなのであまりに忙しいと指つりそうです。「アルカナ破棄」は「せっかくのバフ捨てるくらいなら投げよう」ってことで入れていません。

近接DPS(メレー)ロールのXHB配置ルール・法則

大まかに決めている配置ルールは下の画像を参照してください。

XHB1の右半分はWSのコンボ用として考えていますが、コンボ数がジョブによって違うため、余った場合は適宜アビリティを入れています。遠隔攻撃とメレー独自の軽減アクションは操作感が同じになるように配置も共通に。「アームズレングス」の位置もタンクと同じにしています。範囲攻撃のWSは2段までのジョブと3段までのジョブで違うので、このあたりはざっくりです。

私はメレーのメインが忍者なので上画像は忍者のXHBを使っていますが、移動技のところなんて大々的にルールから外れていますし。このあたりは押しやすさ重視。自分だけのXHBなのだから、自分が戦いやすければいいのです。

【近接DPS/メレー】モンクのXHB(クロスホットバー)とHUD

【近接DPS/メレー】竜騎士のXHB(クロスホットバー)とHUD

【近接DPS/メレー】忍者のXHB(クロスホットバー)とHUD

重要度でいえば「だまし討ち」は忍者の最重要アクションなのでXHB1に置くのが定石なのですが、「だまし討ち」発動後からの15秒間の方が圧倒的に忙しいので、私はだまし討ち中に叩き込みたいアビリティを1ページ目に集めています。また配置いじったら変わるかもしれませんが。

【近接DPS/メレー】侍のXHB(クロスホットバー)とHUD

遠隔物理DPS(レンジ)ロールのXHB配置ルール・法則

大まかに決めている配置ルールは下の画像を参照してください。

レンジも結構ジョブごとの操作感が違うので、配置ルールから漏れているところが多いです。当てはまらないなあ、という時は同系統(DoT系など)でまとめたり、機工士の「ヒートゲージ」のようにジョブの固有HUD関係で一緒にする、位置関係を同じにする、のように自分なりに覚えやすい配置を考えています。

【遠隔物理DPS/レンジ】吟遊詩人のXHB(クロスホットバー)とHUD

現在のXHB↓

旧XHB↓

マクロなしで高火力が出せるように、XHBの配置をかなりいじりました。

主に変えたかったのが『ブラッドレッター』と『レイン・オブ・デス』の場所です。『バーストショット』とレッター系2種をホットバーの右半分と左半分に別々に配置していると、どうしてもproc時に押しにくさが出るのがネックで。右半分に統一することでかなり操作性が改善されました。

【遠隔物理DPS/レンジ】機工士のXHB(クロスホットバー)とHUD

【遠隔物理DPS/レンジ】踊り子のXHB(クロスホットバー)とHUD

遠隔魔法DPS(キャスター)ロールのXHB配置ルール・法則

大まかに決めている配置ルールは下の画像を参照してください・・・と言いたいところですが、キャスターは正直ロールアクションくらいしか共通していません。

細かいところだと単体・範囲でちょっと意識したりしていますが、キャスに関してはもうスキル回し準拠です。ジョブごとのスキル回しやHUDとの相性から考えて据わりが良い配置になるように、を一番大事にしています。

【遠隔魔法DPS/キャスター】黒魔導士のXHB(クロスホットバー)とHUD

【遠隔魔法DPS/キャスター】召喚士のXHB(クロスホットバー)とHUD

【遠隔魔法DPS/キャスター】赤魔導士のXHB(クロスホットバー)とHUD

配置のルール作りと見ていただく際の注意事項

カンストしている全17ジョブ載せていますが、専門外の(零式などの高難度に出せるレベルではない)ジョブも多々あるので、「レベリングIDやエキルレに普段出している」程度のものと思ってください。

私がXHBを組む時に意識していることと、ルールとしているのは下のポイントです。

  • カンスト(5.Xなら80)を前提にアクションを組み込む
  • レベリングIDなどルーレットで使うため全レベル帯での使用を想定する
  • ロールごとに使用感が大きく変わらないようにする
  • 基本のコンボルートはXHB1の右半分に配置する
  • コンボの順番は△ボタン→◯ボタン→×ボタンでつなげる
  • 使用頻度が高い/重要度が高いアクションはXHB1に配置する
  • リキャストが長いアビリティはXHB2・XHB3に配置する
  • 同系統のアクション(固有HUDを使用するものなど)をまとめる

基本はロール別にルール作りをしていますが、全ジョブ使う関係上、ロールをまたいで「同じようなアクションがあるからここに置こう」としているケースも結構あります。

カンストを前提にXHBを組む

私はカンスト前提、つまり5.Xならレベル80までのアクションを含めて最初にXHBを組んでおきます。

理由はレベルを上げて「新しいアクションを使えるようになってからXHBを変えて覚え直す」のが嫌だからで、そのためにあらかじめアクションを見て系統や使い方、配置をざっくり考えます。もちろん使っていくうちに細かな修正は加えますし、変えたら木人を叩いて馴染ませますが、レベル30時点のアクションのみでXHBを組むのとレベル80のアクションまで考慮して組むのとでは、後のプレイしやすさに大きく響きます。

最初に少し手間をかけても、レベルが上がるごとに大幅な変更をしなくて済む、という点で楽です。

全レベル帯での使用を想定する

配置はレベリングIDなどで出すことも考えて「全レベル帯」での使用を想定しています。レベルによって特性でアクションが変わるものや、低レベル帯でないと使わないアクションなどもありますが、「このレベル帯にマッチングしたら切り替え」のような使い方ではありません

そのため、高レベル帯や高難易度では使わないアクションが含まれているジョブもわりと多いです。このあたりはヒーラーが顕著で、「ケアル」「フィジク」「ベネフィク」などは高レベルだとほぼほぼ使いませんが、低レベル用に入れているアクションです。

コンボは△ボタンから始める

コンボの始点については、私の場合デュアルショックでいう△ボタン。

△→◯→×(上→右→下)の順に基本のコンボルートを配置しています。派生がある場合は□(左)や、十字キーに割り振ります。どういう振り方をするかはジョブごとに違うんですが、上から右、下と遷移していくのは共通です。

といっても、コンボの始点やつなげ方は人それぞれ、千差万別です。私は多分、普段遊んでいたゲームの影響で△スタートになっているのかな、という感じ。聞いた話ではパッドだと◯や×を始点としている人が多いそうで、私は少数派の方かもしれません。なんにせよ、押しやすいボタン、馴染んでいる遊び方に沿って決めるのが一番です。

(範囲コンボはなぜか十字キー下が始点で逆になってるんですけどね・・・私にもわからない。なんででしょうね・・・)

歯車マークに入れているアクション

XHBの画像には歯車マークも入れていますが、これは特定のアクションを示すものではありません。

歯車マークのところには、零式などの高難易度で使う食事や薬、マクロなどを入れています。ここはコンテンツによって入れ替えることもあり、自由枠のような感じです。場合によってはタンクの無敵技、ヒラやキャスの「迅速魔」の残りリキャストタイムを通知するマクロを仕込んでいることもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする