【エデン再生編零式3層】『堕獄絶技』ほぼララ式1マクロ

エデン再生編零式3層のマクロです。

解説をできる限り簡略化して1マクロにまとめています。『堕獄絶技』は脳死法の「ほぼララ式」です。

エデン再生編零式3層 『堕獄絶技』ほぼララ式マクロ

/p 【基本散開】  |【炎エレメンタルペア】
/p  D3 MT D4  |   MTD3
/p  H1 ◎   H2 | H1D1 ◎ H2D4
/p D1 ST  D2  |    STD2
/p 【シンソイルスラスト】雷・光:北 / 炎:南
/p 【至天】MT 雷 ST→北 炎頭割→南
/p 【光エレメンタル】T北/H1D1D3西/H2D2D4東
/p 【墜獄(ほぼララ式)】※左斜め後ろへノックバック
/p  炎:外周/光:中央 扉:正面/非扉:斜め45°前
/p 【四天召2回目】炎:集合/光:南西/T:無敵or南東
/p 【転輪召+エレメンタル】D3 MT
/p  ※時計回り調整なし H1   D4
/p  ※炎:安置ペア    D1   H2
/p   (近い人)で頭割り   ST D2
/p 【インビジブル】背後/対面が動いた→ジャンプして中央へ


『シンソイルスラスト』の光は総合的なメリットを考慮して北捨てに指定していますが、正直野良で見ている感じでは北捨ても南捨ても見かける数は現状だと半々といったところです。『シンソイルスラスト』光を南捨てにするメリットとしては、

  • タンクが北から動く必要がない(ボスの位置や向きがずれない)
  • 光対象者がその場から動く必要がない

が挙げられます。一方で北捨ての場合、

  • 雷/光(1人処理)と炎(頭割処理)で差別化できる ※雷は厳密にはタンクも参加
  • 対象者だけが北へ行くのでヒーラー/キャスターが動く必要がない
  • メレーが背面の方向指定を取り続けることができる

といった部分がメリットです。

どちらにもメリット・デメリットがあり、PTの練度にも依存する部分が大きいため、現状は両方対応できるのが理想です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする