【Asura】FC「A Single Step」メンバー募集中!新規・復帰・ベテラン誰でも歓迎です!

皆様こんにちは。閲覧ありがとうございます!

この記事はFC「A Single Step」のメンバー募集になります。
といっても、ロドストにも募集日記をアップしているのでこちらは補足です。

 

ロドストでFCに興味を持ったけど、もう少しよく知りたいな

 

という方はかるーく読み流していただけると嬉しいです。
こちらを先に見つけていただいた方は、ぜひロドストの本募集をご覧ください。

Misim Irsica 日記「【Asura】FC「A Single Step」メンバー募集!新規・復帰さんも大歓迎!」 | FINAL FANTASY XIV, The Lodestone
Misim Irsicaの日記「【Asura】FC「A Single Step」メンバー募集!新規・復帰さんも大歓迎!」ページです。

FC『AsIst』について

FC名の由来についてはロドストでも触れた通り、「千里の道も一歩から」。

“A journey of a thousand miles begins with a single step.”

この格言から、最後の「a single step」をもらいました。

一方、短縮名の『AsIst』の方は「As Is」「assist」をかけてます。

「As Is」は「To Be」とセットで使われる用語で、ものすごくざっくりいうと「現在の自分」を意味します。

「To Be」は「なりたい自分」。ムズカシイ解説とかは置いといて、とにかく「こんなふうになりたいな!」「こんなふうに遊びたいな!」って一歩先のことにわくわくしながら毎日楽しみたい、くらいの軽い気持ちでつけてます。

 

今はまだ全然だけど、いつかはイイ!光の戦士になりたいぞ~

 

っと、ほんのり熱意を持って遊びたいのです。

そして「assist」はそのまま、アシスト。
誰かを助ける、力になる、そんな気持ちを忘れないで過ごせたら、お互いに協力し合えるイイ!場所になるんじゃないかな、と思ってつけてます。

もっとも、「助ける」って別に特別なことをしろってわけじゃありません

最終装備(最強装備)持ってなきゃ無理とか、高難度クリアできなきゃとか、そんな必要はこれっぽっちもないです。新規さんや復帰さんが楽しんでれば見てる方も楽しい気持ちになれるし、何かにチャレンジしてる人がいれば応援しよう!って元気が出ます。

ストーリーは進めればいつか追いつきます。
装備差は時間がかかったって揃えればいいんです。
被弾が多くてもDPSが低くても、練習すればうまくなります。
いつ始めたか、いつ復帰したか、そんな違いで生じる差はハッキリ言って些細な問題です。
 
 

早く始めるほど進んでるのは当たり前!

 

私自身、今もいろんな人に教わりながら少しずつ上達するのを楽しんでいます。
「今至らないから」、をバネに楽しめる人なら、進行度も練度も関係ありません

私はまだまだFF14新米ですが、IDのオトモはいくらでもできますし、「これが避けられない・・・」みたいな相談も大歓迎です。なので、ビギナー(新規)さん・リターナー(復帰)さん、もちろんベテランさんもわいわい楽しみましょう。

そんなFC作りを一緒にしていただけたら嬉しいです。

『AsIst』FCハウス紹介

ついでにFCハウスの庭や内装なんかを紹介しておきます。
FCハウスなんてテレポできればいいじゃん!って声もありそうですが、私はわりと「帰る場所」みたいな感じで好きなので凝るタイプですw

FCハウスは「団員が帰ってきてゆっくり過ごせる隠れ家」をコンセプトにデザインしました。

ちなみに、FCハウスがあるハウジングエリア「シロガネ」はこんなところです。

和風のお宅が建ち並び、壮麗かつ落ち着きのある・・・みたいな文句が似合うエリア。

「シロガネ」まで自力で行くには、メインストーリーを進めて「クガネ」まで到達しないといけません。でも、FCメンバーなら進行度は関係なくテレポできます

「今日始めたばっかりだからストーリー進むまでFCハウス行けない!?」ってことにはならないので、ご安心ください。

『AsIst』FCハウス紹介:庭

外観はシロガネのオーソドックスな家ですね。昼と夜で雰囲気が変わります。

夜になると灯りが灯って、ちょっと趣ある感じに。

一角に置いた「オリエンタルベランダ」は、プチアスレチックになっています。

「シンプルツリーハウス」の梯子から「オリエンタルベランダ」の屋根に登れる・・・だけじゃなく、実はさらにその横にある「イースタン・パインツリー」にも飛び移れます。私は下手なのでよく落ちます。

暇で暇でしょうがない!って時は、屋根の上からのんびり景色を眺めるのもきれいですよ!

ちなみに「オリエンタルベランダ」は私のお気に入りの庭具。

理由は・・・エモート「居眠りする」で横になって眠れるから!

寒い夜も「ウソウソ行燈」の明かりでほんわりあったかい画ですね。

外の風に当たって休みたいな~って時はひと眠りしちゃうのもいいでしょう。居眠り中はウソウソが警備してくれますw

木人は現在、レベル80とレベル1を置いています。

団員から要望があれば変更しますが、庭具の設置数がギリギリなのであんまりいっぱいは置けないのが悩みの種・・・。ひとまずは自分のジョブのレベルに応じて使い分けてもらえればなと。

候補としては80・50・1とかですかね~

私は久しぶりに着替えるジョブだったり、スキル回しを忘れたりするとポカポカ叩いてます。

え、SSの音が明らかに「ポカポカ」じゃない?
いいのいいの、細かいことは気にしない。

『AsIst』FCハウス紹介:1階

さて、ではFCハウスの中へ。1階は洋風です。
「ホワイトマーブルフローリング」を使って大理石の床っぽくしています。

「ブリックインナーウォール」でレンガ調も出しつつ、「ウォールプランター」や「園芸師の乾燥ハーブ」あたりを使って緑を盛りました。奥にキッチンも置いて、これからお出かけするメンバーを送り出すぞ!みたいなイメージです。

ちなみに、「リテイナーベル」や「カンパニーチェスト」、「修理屋」「素材屋」など使用頻度が高いものは利便性を重視して1階にまとめています。

さらに、入って正面の棚には「メッセージブックスタンド」も置いています。
団員に何か伝えたいこと、手伝って欲しいこと、行きたいダンジョン、探しているアイテム・・・等々、自由に書き込んでください。書き込み見つけたら私が飛びつきます!

『AsIst』FCハウス紹介:地下

地下は和風。部屋を衝立で仕切り、奥をお風呂にしています。

手前の畳空間ではごろごろするもよし、コタツであったまるもよし。
本棚の前には「愛用の紀行録」を置いているので、ふっとFCハウスに帰ってきた時に冒険のイベントシーンを見返せます。案外いい機能なのでぜひお試しを。

衝立側から見るとこうなってます。
昼間は壁一面に張った「だまし障子」から光が溢れるので、なかなかに明るいです。本棚の前にあるのはちょっとリッチな雰囲気の「サザンソファ」コタツの方には「ファットキャットソファ」もあるので、好きな方でふかふかどうぞ!

奥のお風呂は足湯もできるし、しっかり浸かることもできます。
場所によって座れる高さを変えているので、フィットする位置を探してみてください。

お風呂は背面を「ログパーティション」、正面を「だまし障子」にしています。

お風呂から上がったらベンチでちょっと日向ぼっこしてうたた寝、なんてのもハッピーかも。

FC加入について

「ここでなら楽しめそうだ!」と思えたなら、ぜひご連絡ください。
※無言申請はスルーします。

Misim宛のTelltwitterへのDMロドストの日記への書き込み、どれでもOKです。

マスター(みしむ)に話を聞いてみたいとか、どんな人か見てみたいとかでも遠慮なく。ご連絡をいただければ気づいた時にお返事します(Tellは周りのプレイヤーのエモートログとかで流れてしまう場合があるので、見逃していたらごめんなさい)。

みしむのプロフィールはこちらにまとめています。

Misim Irsicaのプロフィール
『迷子道中覚書』管理人、FC『AsIst』団長みしむのプロフィールです。 FCメンバー募集中なので、興味がある方はこちらをどうぞ! ...

また、加入後1週間を体験期間として設けます。
「合わないなあ」と思えば、周りの目とか気にせず自由に抜けていただいて構いません。

ちょっとでも興味があれば、気軽に連絡してくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする