地図PT/トレジャーハントの主催・進行のやり方と使用マクロ

金策
この記事は約19分で読めます。

地図PT(トレジャーハント)で主催する時の流れと実際に使用しているマクロを掲載しています。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

地図PT(トレジャーハント)は戦闘職で稼げる金策として人気の方法です。

パッチ5.35現在の募集で見られる「古ぼけた地図G10」でも「古ぼけた地図G12」でも、参加人数や持ち込み枚数が変わるだけで大まかな流れは同じです。今回は1人1枚持ち込みのオーソドックスな方法を元に幅広く解説しているので、「地図PTを主催してみたいけどやり方がよくわからない・・・」という時に参考にしてみてください。

スポンサーリンク

地図(トレジャーハント)PT主催の流れとマクロ

PT募集から座標の集計、現地を巡った後の解散まで流れを解説していきます。

記事の最後でも触れていますが、地図PTを主催する際はできるだけスピーディな進行を心がけると参加者に喜ばれやすいです。もちろん地図PTを主催する目的は人それぞれなので、PT募集を立てて募集文を書く時点で内容がハッキリわかりやすいようにしておきましょう。

①募集を出し開催ワールド・集合場所まで参加者を誘導する

募集文には、

  • 募集する地図の種類
  • 地図の持ち込み枚数
  • ロットルール
  • 開催ワールド・集合場所

を書いておきましょう。

募集文例地図【G12】1人1枚フリロ ゼロムス開催 リムサ天気予報士前 PT参加後座標お願いします

PTに参加者が来てくれたら、指定の場所まで集合してもらうよう案内を出すとスムーズです。

/p 【Zeromus鯖】リムサのエーテライト前「天気予報士」(X:9.5,Y:11.6)付近に集合お願いします

地図PTを進めていく際はPT全員が同じワールド・同じ場所に集まる必要があるため、

  1. 募集文に開催ワールドと集合場所を明記しておく
  2. PTに新しい参加者がきたら開催ワールドと集合場所を通知する

の2つを意識しておくと混乱しにくくなります。

集合場所は特に「地図PTをやるならここ!」と決まっているわけではありませんが、地図PTではワールド間テレポのしやすさ、場所のわかりやすさから「リムサ・ロミンサ」の「エーテライトプラザ」前にいる「天気予報士」付近(X:9.5,Y:11.6)や、人混みを避けるために少し離れた丘の上あたり(X:10.0,Y:12.0)が指定されることが多いです。

↓「天気予報士」付近

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

↓丘の上付近

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ロットルールは事前に決めておく

地図PTには主に2つのロットルールがあり、それぞれ特徴が異なります。

  • フリロ/オールフリー ⇒ 地図PT中に発生する全てのロットフリー
  • 地図主ニード/NEED ⇒ 地図の座標を提示した本人のみ「NEED」可

「フリロ」は地図が誰の持ち込みでも関係なく、全てロットフリーの形式です。

「地図主NEED」については該当座標を提示した本人のみ「NEED」を行い、他の参加者は全員「PASS」をします。地図を持ち込んだ本人がその地図から得られるロットアイテムを全て入手することができ「自分が持ち込んだ地図の報酬は自分のもの」になる反面、他の人が持ち込んだ地図の分にはロットができません。

A,B,C,Dの4人で地図PTを組んでいたとして、

  • A ⇒ ロットアイテムの排出なし
  • B ⇒ ロットアイテム1個+転送魔紋発動
  • C ⇒ ロットアイテム2個
  • D ⇒ ロットアイテム1個

だったなら、Aはロットアイテムの獲得なし、Bはロットアイテムに加えて転送魔紋から突入した宝物庫の中のロットアイテムまで全て「NEED」で入手できることになります。

「宝の地図」の種類ごとにPTを組む

なお、「宝の地図」はパッチ5.35現在で「G1」~「G12」に加えて「深層の地図」など多数の種類があります。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

パッチ5.35だと主に地図PTで募集がかけられるのは「古ぼけた地図G10」と「古ぼけた地図G12」の2種類です。

「G10」と「G12」は最低レベルや宝箱が埋まっているエリアが異なり、「G10」は最低レベル70~で紅蓮エリア、「G12」は最低レベル80~で漆黒エリアなので、違う種類の地図を混ぜたりはせずに同じ種類のみでPTを組みます。そのため、開催したい地図PTがどの種類なのかは募集文に明記しておきましょう。

人数・持ち込み枚数などが異なる場合

地図PTの主催の中には参加人数4人で「1人2枚持ち込み」や、8人でも参加者の持ち込みがない「主催8枚持ち込み」などもあります。

地図PTはある程度のILがあれば8人フルパーティでなくても進行が可能であり、私も戦士(IL500・零式武器)と白魔道士(IL500・零式武器)の2人で「G12」に行きましたが問題なく進むことができました。フィールドに出現する雑魚は3分程度、宝物庫内の雑魚は2分程度で殲滅できたので、地図PTの少人数攻略は現実的な範囲です。

参加人数を少なくすれば「ロットの競争率が下がる」というメリットがあり、地図でのみ出るレアアイテム入手の確率も上がります。

そこで「1人2枚持ち込み」のような募集は進行スピードに支障が出ない範囲で参加者の人数を絞っています。8人フルパーティに比べてPTが揃うまでの時間も短縮できるため、野良の少人数募集は最低4~6人ほどで構成していることが多いです。


「主催8枚持ち込み」は地図を全て主催が用意する募集です。

主催が自身の所持品やチョコボかばん、リテイナー、モグレター(フレンドに地図を送ってもらい未受取のままにしておく)などにストックしておいた地図を使って進行していくため、PT参加者は一切持ち込みが必要ありません

ただし進行は全て主催が行うことになります。

「G10」で出現する「深層の地図」について

「G10」の地図PT募集には、「深層地図は最後」などと書いてある場合があります。

「深層」とは「G10」で宝物庫に突入した際、報酬で出ることがある「転送魔紋の地図:深層」のこと。「深層地図」は紅蓮エリア各地の海底に座標があり、確定で転送魔紋が開いて宝物庫へ必ず突入できる特殊な地図です。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

「深層地図は最後」と募集文に記載しておけば、

  • 地図PT中に出た「転送魔紋の地図:深層」は「G10」を全て消化後にPTで突入します

という意味になります。また、

  • 深層地図持ち込んでくれた方には◯◯ギル差し上げます

などの記載がある場合は「転送魔紋の地図:深層」を地図PTの募集で持ち込んで座標を提示すれば、確定で宝物庫へ突入できる権利をもらう代わりに謝礼としてギルを渡します、という意味です。宝物庫へ突入するとかなりの額のギルを稼げるため、「深層地図」1枚でも謝礼分の元が取れるケースが多いことからこうした募集が立っています。

②PT参加者から地図の座標を教えてもらう

PTに参加者がきたら座標を聞いて集計を始めます。

PTに参加者が加わるごとに座標を教えてもらうか、募集人数が集まった時点で全員にまとめて座標を出してもらうかは主催の好みです。私は座標集計でPTの方を待たせる時間ができるだけ少なくなるように、参加者が加わったらその度に座標を聞いています。

座標を聞いたら「シャキ活!」様の「地図G8/G10/G12メモツール」を使って集計を行います。

地図G8/G10/G12メモツール
これはなに? FF14のパーティで行うトレジャーハントG8/G10/G12の座標管理ツールです。パーティチャッ…

座標入力は上部タブにある「一括入力」もしくは「手動入力」から行い、下にある「登録」ボタンを押すと「巡回経路」タブに結果が表示されます。

  1. 「一括入力」または「手動入力」で座標を指定
  2. 「登録」ボタンを押して「巡回経路」タブを表示


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

「一括入力」の方はPTチャットで流してもらった座標をそのままコピペして入力すれば自動的に該当座標が判別されます。間に挨拶や雑談が入っていても座標のみ抜き出してくれるので、上のSSのように座標が含まれる会話を丸ごとコピーして貼りつければOKです。ただし非常に手軽ですが、提出された座標が±1以上ずれていると集計対象になりません

座標がうまく認識されない時や、PS4/PS5でプレイしていてチャットのコピペができない場合は「手動入力」から1つずつ座標を選びましょう。

「手動入力」のタブを押すと、8人分の名前を入力する欄の右側に「座標」ボタンが出てきます。参加者の名前を「光の戦士1」等と表示されているところに記入したら、右側の「座標」ボタンを押します。

「座標」ボタンを押すと地図が表示され、下の方に座標も出てきます。ここから提出された座標と近いものを選んでいけばOKです。

「一括入力」または「手動入力」でPTメンバーの名前と座標の入力が終わったら「登録」を押し、「巡回経路」タブを表示します。

するとこのように各エリアごとのプレイヤー名と座標が表示され、

下部にはPTチャットで順番と座標を通知するためのマクロも出してくれます。ここまで表示ができていれば準備完了です。

PT全体に順番を共有する際はマクロとして登録してから使用しましょう。私の場合はあらかじめテンプレートを用意しておいてコピペして使っています。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

/p 敬称略で失礼します この順番でいきます<se.1>
/p 1.光の戦士2 レイク F:(10.3, 25.3)
/p 2.光の戦士1 レイク A:(18.3, 7.6)
/p 3.光の戦士3 コルシア G:(7.8, 17.9)
/p 4.光の戦士4 アムアレーン E:(28.4, 12.3)
/p 5.光の戦士5 イルメグ B:(30.9, 4.0)
/p 6.光の戦士6 ラケティカ D:(24.8, 27.6)
/p 7.光の戦士8 テンペスト C:(30.1, 20.8)
/p 8.光の戦士7 テンペスト E:(19.0, 8.1)

③CWPTで募集していた場合はワールド内PTに組み直す

募集していた人数が埋まり、全員が集合場所にきたことを確認したら一度PTを解散して組み直します。

  1. CWPTを組んだ状態で全員に集合場所まで来てもらう
  2. 全員揃っていることを確認しCWPTを解散する
  3.  募集主が参加者全員をPTに誘い直す

CWPTのままだと同じエリアにいてもマップにPTとして表示されず、ヒールやバフも付与されません。そのため、一度PTを解散してからPT募集主が再び全員をPTに誘い直します。PTの組み直しを現地(1枚目の地図の座標)で行う場合は、事前に「現地でPTを組み直す」ことと「地図1枚目の座標」を参加者に伝えておいてください。

PTに誘い直す際は1人ずつキャラクターを選択して誘っていくことになるので、あまり人混みの中に紛れていると見つけにくくなってしまいます。「天気予報士」付近を指定していたけれど人が多すぎて誘いにくそうだ、という場合は他の場所へ移動をお願いしましょう。

④開始前の注意事項・挨拶

参加者が集まって座標集計も終わったら1枚ずつ現地に赴くことになります。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

「シャキ活」様の「地図G8/G10/G12メモツール」で用意した座標をPTチャットに流し、順番と座標を共有したら1番目の座標場所へテレポします。他に注意事項やPTメンバーに知らせておきたいことがあれば出発前に流しておきましょう。例として、私はこんな感じの文面を流しています。

/p ロット忘れにご注意ください
/p テレポ代は主催が持ちます 終了後はリムサまでお送りして解散です
/p 進行中トラブルがあれば気軽に言ってください<se.1>

PS4でプレイしていてサイトからのコピペができない場合

PS4でプレイしている場合は「シャキ活」様の「地図G8/G10/G12メモツール」からコピペができません

その場合は座標の打ち込みは手動か省略することになってしまいますが、名前の指定だけならマクロでも可能です。PTを組んでいる時は各PTメンバーに数字が振られていて、<1>~<8>のテキストコマンドで名前を呼び出すことができます。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

そのため、下のマクロのように「/p <1>」・・・と並べておけば対応した名前が通知されます。

/p 敬称略で失礼します この順番でいきます<se.1>
/p <1>
/p <2>
/p <3>
/p <4>
/p <5>
/p <6>
/p <7>
/p <8>

このマクロの数字を「各地を巡る順番」に並び替えて使ってください。例えばPTリストの並びと実際に座標を巡る順番がこのようになっていたら、

【PTリストの並び順】
1.光の戦士1
2.光の戦士2
3.光の戦士3
4.光の戦士4
5.光の戦士5
6.光の戦士6
7.光の戦士7
8.光の戦士8

【座標を巡る順番】

1.光の戦士2 レイク F:(10.3, 25.3)
2.光の戦士1 レイク A:(18.3, 7.6)
3.光の戦士3 コルシア G:(7.8, 17.9)
4.光の戦士4 アムアレーン E:(28.4, 12.3)
5.光の戦士5 イルメグ B:(30.9, 4.0)
6.光の戦士6 ラケティカ D:(24.8, 27.6)
7.光の戦士8 テンペスト C:(30.1, 20.8)
8.光の戦士7 テンペスト E:(19.0, 8.1)

先ほどのマクロを下のように書き替えれば順番通りに名前が表示されます。

/p 敬称略で失礼します この順番でいきます<se.1>
/p <2>
/p <1>
/p <3>
/p <4>
/p <5>
/p <6>
/p <8>
/p <7>

⑤進行中の流れと主催の役割

進行中は主催が次の座標を提示するか、PTメンバーに先導を任せるかは人それぞれです。

順番と座標をPTに共有した後は以下のような流れになります。

  1. 主催 or 地図の持ち主が最寄りエーテライトまでテレポ
  2. 座標の場所まで全員で移動
  3. 地図の持ち主が座標付近で「ディグ」を使用し宝箱を見つける
  4. 地図の持ち主が宝箱を開ける
  5. 出現したモンスターの群れを倒す
  6. 地図の持ち主が宝箱を再度開ける
  7. アイテムが出現 ⇒ 全員でロットし次の座標へ
  8. 転送魔紋が出現 ⇒ 地図の持ち主が申請して宝物庫へ突入
  9. 宝物庫内の宝箱を地図の持ち主が開く
  10. 出現したモンスターの群れを倒す
  11. 地図の持ち主が開く扉を選ぶ or ルーレットを回す

上の手順のうち赤字にした部分は各座標に該当する地図の持ち主以外実行できないため、基本的に座標巡り中の進行は主催ではなく地図の持ち主が行わなければいけません。

主催が担うこととしては、

  • PTに次の座標と地図の持ち主を通知する
  • 次の座標までテレポを行う(テレポ代を受け持つ)
  • アイテムのロット忘れがないようPTにロットを促す

が挙げられますが不要なら省いてしまってもOKです。

テレポ代を主催が持つ場合は各地の座標まで行き、地図の持ち主が宝箱を開けて全員ロットし終わったら次の座標までテレポする、を最後まで繰り返します。ロットが完了せずにテレポするとPTから強制的に外されてしまうので注意してください。また、転送魔紋出現時や宝物庫内だとPT全員がロットを完了するまで進行ができません

アイテムのロット忘れについてはロットが必要な時のみ呼びかけるでも良いですし、開始前の注意喚起に含めておくのもおすすめです。

次の座標と地図の持ち主を通知していく場合はその都度名前や順番を流すか、下で解説する方法を使うとチャット欄から地図を開ける状態でPT全員に座標を共有できます。

次の座標をフラッグつきで主催からPT全員に提示する方法

各地を巡っている時に主催から参加者へ「次の座標は◯◯です」と通知したい時は、/echoチャットにPTの座標をストックしておくと便利です。

手順はこんな感じ。

  1. 参加者に座標をもらったら座標からマップを開く
  2. マップにフラッグが立った状態で「/e <flag>」マクロを使う
  3. 「/echo」を表示しているチャットから座標を選択
  4. 「/p <flag>」マクロで座標情報をPTに通知

まず参加者に座標を聞いたらクリックして地図を開き、フラッグを立てます。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

そしてフラッグを立てたままの状態で下記マクロを実行してください。

/e <flag>

<flag>はフラッグを立てた座標を通知するテキストコマンドで、「/e」や「/echo」を使えば自分にだけ見えるメモとしてストックしておくことができます。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

しかもチャットから座標をコピペしただけだとSS上行のようにテキストとして認識されマップを開くことができませんが、<flag>なら下行のようにオレンジ色のアイコンのまま表示されるので、座標を選択すればマップが開いてフラッグが置かれます。

これを自分も含めてPT全員分繰り返し、全ての座標をストックします。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

上のSSのような状態になったら次の目的地の座標を選択してフラッグを立て、

/p <flag>

PT通知用にこのマクロを使います。

「/echo」に座標をストックした時と同様にフラッグを立てられる状態で共有できるため、PTメンバー各自が座標を開いて目的地へ向かえます。


「今何枚目まで消化したっけ?」とわからなくなることが多いようなら、次座標の共有と自分用のメモを同時に残しておくこともできます。

準備として「/echo」にあらかじめ座標をストックしておく際に各地を巡る順番通りに並べて表示行数を地図枚数と揃えておいてください。イメージとしては下のSSのような感じです。


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

この状態で次座標を「/echo」から呼び出してフラッグを立てたら、下でまとめたマクロを該当枚数の時に使用します。

マクロを使うとPTチャットにはこのように表示され、

「/echo」を表示しているチャットは一番上の行が押し出されて、


(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

一番下の行に次の枚数が表示されます。

【1枚目の場所】
/p 1枚目<flag> に向かいます!<se.1>
/wait 1
/e ↑↑↑次は2枚目の座標↑↑↑
------------------------------------------------------------
【2枚目の場所】
/p 2枚目<flag> に向かいます!<se.1>
/wait 1
/e ↑↑↑次は3枚目の座標↑↑↑
------------------------------------------------------------
【3枚目の場所】
/p 3枚目<flag> に向かいます!<se.1>
/wait 1
/e ↑↑↑次は4枚目の座標↑↑↑
------------------------------------------------------------
【4枚目の場所】
/p 4枚目<flag> に向かいます!<se.1>
/wait 1
/e ↑↑↑次は5枚目の座標↑↑↑
------------------------------------------------------------
【5枚目の場所】
/p 5枚目<flag> に向かいます!<se.1>
/wait 1
/e ↑↑↑次は6枚目の座標↑↑↑
------------------------------------------------------------
【6枚目の場所】
/p 6枚目<flag> に向かいます!<se.1>
/wait 1
/e ↑↑↑次は7枚目の座標↑↑↑
------------------------------------------------------------
【7枚目の場所】
/p 7枚目<flag> に向かいます!<se.1>
/wait 1
/e ↑↑↑次は8枚目の座標↑↑↑
------------------------------------------------------------
【8枚目の場所】
/p 8枚目<flag> に向かいます!<se.1>
/wait 1
/e ↑↑↑8枚終了↑↑↑

PT全体への座標共有が不要で主催が先導する場合

PT全体に座標を共有しなくても主催が次の座標まで先導すればいい、という場合はもっと簡単です。

「シャキ活!」様の「地図G8/G10/G12メモツール」で「巡回経路」を表示すると左側に「完了」ボタンが表示されています。

宝箱を開けるところまで終わったら「完了」ボタンを押せば、

終わった地図の表示が消えていき、次に行く座標が一番上にきます。

間違えて「完了」ボタンを押して表示が消えてしまった!という時は色が濃くなっている数字部分を押せば元に戻せます。

この画面では右側にマップも表示され、次の座標からどんな経路で進む予定なのかも表示されます。さらに付近のエーテライトも確認できるため、主催時は常にこの画面を見ておけば迷わず次の座標まで先導できます。

⑥全ての座標を巡ったら終了

全ての座標を巡り終えたら地図PTは終了・解散です。

  • 主催が3都市(リムサ/グリダニア/ウルダハ)のいずれかへテレポ
  • 現地解散

終了後の流れはこの2つのどちらかで主催によって異なります。

CWPTを組んでいる場合PT参加者は他のワールドから来ていることが多いので、フリーカンパニーのカンパニーアクション「テレポ割引II」などの効果は発動していません。また、ホームワールドに戻るにはリムサ・ロミンサ/グリダニア/ウルダハのいずれかの都市から「ワールド間テレポ」をしなければならないため、主催がテレポしてPTメンバーを送るとホームワールドへ戻るまでがスムーズです。

ただ中には現地でレアF.A.T.Eが発生していて参加していきたいという方や、付近でギャザラーをしてから帰る方もいます。そういった各々の事情も踏まえて現地解散にする主催の方もいますし、「テレポが不要なら勧誘を断ってください」と一言添えていることもあります。

野良の地図PT主催で重要なのは《スムーズさ》

ここまで主催の流れを解説してきましたが、野良で地図PTを募集するなら「スムーズな進行」が非常に重要です。

「楽しくやりたい」「わいわい騒ぎながら遊べる方が好き」と思って参加している方がいる一方で、野良の地図PTは金策目的で周回している方も非常に多いです。特に地図は戦闘職でもできる貴重な金策手段のひとつであり、「限られたイン時間できるだけ多くのギルを稼ぎたい」という目的から『効率』『スピーディさ』がどうしても求められます。

野良でPTに参加する以上は進行スピードが思うように捗らないなどのイレギュラーがあっても不思議ではないのですが、野良の地図PTは主催の進行が遅かったり、PTメンバーの動きが滞ったりすると「早くして」など周囲を急かす発言も出やすいです。

そのため、もし「主催に不慣れで進行がスムーズにできないかもしれない」「ゆっくりでもPTでチャットしながら楽しさ重視でやりたい」ということなら、

  • 主不慣れです 進行スムーズにいかないかもしれません
  • スピードよりも楽しさ重視の開催です 道中チャットなど構わない方お願いします

など、トラブルを未然に防ぐ意味でもあらかじめ募集文に明記しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました