「TuneBrowser」でトラック右側に再生回数を表示する方法

ソフト
この記事は約9分で読めます。

音楽再生ソフト(ミュージックプレイヤー)「TuneBrowser」で再生回数を表示する方法です。

最近iTunesより音質が良いソフトを探していて乗り換えたんですが、イイ感じです。無料で使えるソフトだしかなりおすすめできるので、「TuneBrowser」そのもののレビューはまた別に記事をアップしようかなと。


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

TuneBrowser – TuneBrowser は Windows 用の音楽管理・再生ソフトです.

ただ、「TuneBrowser」はデフォルトの設定だと再生回数が表示されません。

iTunesみたいに右クリックで簡単に表示切替ができる仕様でもないので、自分で設定をいじる必要があります。インストールしてからずっと「Player View」や「Album View」の各トラック右端に再生回数を表示したくてあれこれ試していたんですが、調べてもなかなかやり方が出てこなかったのでまとめておきます。

編集箇所や編集方法は公式フォーラムにあった制作者様の回答を参考にしました。

【質問】トラック表示の書式について – TuneBrowser
タグ 「X_PLAYCOUNT」を使用して再生回数を表示させた時の動作に関しまして – TuneBrowser
スポンサーリンク

「TuneBrowser」で再生回数を表示する方法

再生回数の表示は、左上にある「ファイル」タブから「設定」で行います。


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

そして、細かく編集する箇所は再生回数を表示したい場所によって異なります。


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

編集することになるのは、左側のツリーで「表示の設定」>「ビューの設定」と開いていった先にある「Album Viewの設定」「Player Viewの設定」のどちらかです。ツリー表示になっている部分は、文字列左端にある「+」ボタンを押せば展開、「-」ボタンを押せば収納されます。

表示場所左側ツリー右側ボックス
①Album View表示の設定>ビューの設定
>Album Viewの設定
>トラック表示/プレイリスト表示
ビューの書式>トラック行
>トラックの各行の設定>メイン行の書式
>カラム追加
②Player View
表示の設定>ビューの設定
>Player Viewの設定
>プレイヤー表示
ビューの書式>トラック行
>トラックの各行の設定>メイン行の書式
>カラム追加
③Player View表示の設定>ビューの設定
>Player Viewの設定
>プレイヤー表示
プレイリストイメージの書式>トラック行
>トラックの各行の設定>メイン行の書式
>カラム追加

私は「Album View」内で1箇所、「Player View」で2箇所、合計3箇所に再生回数を表示するように設定したので、それぞれの表示場所と編集箇所の対応関係としてはこんな感じになります。

①「Album View」で表示されるトラック右端 ・・・ 「Album Viewの設定」>「トラック表示」/「プレイリスト表示」


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

②「Player View」の再生トラック右端 ・・・「Player Viewの設定」>「プレイヤー表示」


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

③「Player View」のスペクトル付近に表示されるプレイリスト右端 ・・・ 「Player Viewの設定」>「プレイヤー表示」


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

具体的な編集方法については下で解説していきます。

スポンサーリンク

「カラムの追加」で再生回数を表示するスペースを作る

まず、全てに共通する作業として「カラムの追加」を行います。


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

各設定箇所でダイアログボックス右側にある「トラックの各行の書式」>「メイン行の書式」と展開すると、SSのように「カラム」がずらっと並んでいます。

この中のいずれかの「カラム」を選択した状態で下にある「追加」ボタンを押すと、一番下に「カラム」が一行、新たに追加されます。「カラム」は各要素を表示するための箱のようなイメージで、例えば下のSSであれば黄色く囲った縦の枠がそれぞれ別の「カラム」になっています。


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

左からトラック番号、曲タイトル、エンコード形式・・・のように並んでいます。「カラム」を追加したら、「どこに表示するか」「何を表示するか」を指示すればきちんと表示されます。


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

追加された「カラム」は初期状態だと「クエリ文字列」に「%ARTIST%」が設定されているので、この行を編集していきましょう。編集時は「カラム」内の要素は全て「+」を押して展開しておいた方が作業が楽です。

具体的に指定する要素や数値については各見出しで説明しますが、

  • 「幅の設定」
  • 「左マージン」
  • 「テキストのスタイル」
  • 「クエリ文字列」

この4つをいじればOKです。


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

「幅の設定」は再生回数を表示する時にどれくらいスペースを確保するかの指定で、基本的には「Flex」(余った幅を使用)にしています。「左マージン」は左に表示されている要素とどれくらい離すかの幅指定なので、見やすさから好きな数値に調整してください。


Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

「テキストのスタイル」についてはプルダウンリストから好きなものを指定できます。私はなんとなく「FormTuneComment」にしていますが、いろいろ試してみてうまく表示されるもの、気に入ったものを選んでおけばいいと思います。

「クエリ文字列」では、再生回数を表示するクエリ(指示)に「%X_PLAYCOUNT%」を使用しています。ただし「%X_PLAYCOUNT%」だけだと再生回数が0の時は「0 play」とはならず「play」のみ表示されます。0も再生回数のカウントに入れたい場合は、後述の説明で「%X_PLAYCOUNT%」としているところを「%X_PLAYCOUNT,INT%」に変えてください。

「Album Viewの設定」>「トラック表示」/「プレイリスト表示」で再生回数を表示する方法



Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

上のSSで示している箇所に再生回数を表示したい場合は、「Album Viewの設定」>「トラック表示」で編集していきます。上のSSはアルバム表示の場合で、下のSSはプレイリスト表示です。プレイリスト表示でも使うなら左側のツリーで「Album Viewの設定」>「プレイリスト表示」の方も編集します。

編集するツリーの行が1つ変わるだけで、作業自体は変わりません。両方同じタイミングで設定してしまうと楽です。



Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

右側のボックスで「トラックの各行の設定」>「メイン行の設定」と開き、いずれかの「カラム」を選択して下にある「追加」をクリックします。新たに「カラム」が追加されたら「+」を押して展開し、上のSSを参考に値を変更してください。

  • 幅調整 ・・・ Flex / Fix(幅テンプレート文字列:PlayCount)
  • 高さ調整 ・・・ Fix
  • 最大行数 ・・・ 1
  • 左マージン ・・・ 50
  • テキストのスタイル ・・・ FormTuneComment
  • クエリ文字列 ・・・ %X_PLAYCOUNT% play
  • 右マージン ・・・ 0

初期値から変更した箇所は太字にしています。

幅調整の部分は「Flex」がアルバム表示、「Fix」がプレイリスト表示です。

プレイリスト表示を「Fix(幅テンプレート文字列:PlayCount)」にしているのは、「カラム」を表示するための幅がアルバム表示と違うためです。アルバム表示なら「Flex」でちょうどいい感じになるんですが、プレイリスト表示の方は「Flex」だと崩れてしまったので、「幅テンプレート文字列」で文字列を指定(「PlayCount」を記入)し、その幅分だけスペースを取る「Fix」にしています。

「Player Viewの設定」>「プレイリスト表示」で再生回数を表示する方法

「Player View」内にはトラックが表示される部分が2箇所あって、それぞれ編集する場所が異なります。



Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

「Player View」の再生トラック右端なら、左側のツリーで「Player Viewの設定」>「プレイヤー表示」を選んで、右側のボックスで「ビューの表示」>「トラック行」>「メイン行の書式」と進んで「カラム」を追加します。

「Player View」にはもう1箇所、トラックが表示される部分があります。



Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

上のSSのように、「Player View」内のスペクトル付近(スペクトルの後ろ)に表示されるプレイリストにも再生回数を表示したい場合は、「Player Viewの設定」>「プレイリスト表示」と進んで、右側のボックスで「プレイリストイメージの書式」>「トラック行」>「メイン行の書式」から「カラム」を追加してください。

「ビューの書式」はトラックの方で、「プレイリストイメージの書式」はスペクトルの後ろに表示される方の設定です。

「Player Viewの設定」から「ビューの書式」で再生回数を表示する方法



Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

右側のボックスで「ビューの表示」>「トラック行」>「トラックの各行の設定」>「メイン行の設定」と開いていき、「カラム」を追加したら上のSSを参考に値を変更してください。

  • 幅調整 ・・・ Flex
  • 高さ調整 ・・・ Fix
  • 最大行数 ・・・ 1
  • 左マージン ・・・ 50
  • テキストのスタイル ・・・ FormTuneComment
  • クエリ文字列 ・・・ %X_PLAYCOUNT% play
  • 右マージン ・・・ 0

初期値から変更した箇所は太字にしています。

「Player Viewの設定」から「プレイリストイメージの書式」で再生回数を表示する方法



Copyright (C) 2010-2020 by Tiki

右側のボックスで「プレイリストイメージの表示」>「トラック行」>「トラックの各行の設定」>「メイン行の設定」と開いていき、「カラム」を追加したら上のSSを参考に値を変更してください。

  • 幅調整 ・・・ Flex
  • 高さ調整 ・・・ Fix
  • 最大行数 ・・・ 1
  • 左マージン ・・・ 25
  • テキストのスタイル ・・・ FormTuneComment
  • クエリ文字列 ・・・ %X_PLAYCOUNT% play
  • 右マージン ・・・ 0

初期値から変更した箇所は太字にしています。

ここでは「左マージン」を「25」に設定してますが、数値を高くすれば表示場所がもっと右にずれます。再生時間もあわせて好きな位置に調整するといいかな、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
公開日: