【SEO対策】Googleサジェストキーワードとは?サジェストの重要性と意味を解説

SEO対策を実施していくにあたって、最初に知っておくべきことが「サジェストキーワード」の存在です。

「サジェストキーワード」という言葉を初めて聞く人もいるかもしれません。

しかし、実はGoogleを利用している人なら誰でも一度は目にしたことのある機能なんですよ。そして使いこなせればSEO対策で非常に大きな力となる機能でもあります。

今回はそんな「サジェストキーワード」について、どのような機能なのか、どうやって活用すれば良いのかを解説していきますね。

「Googleサジェストキーワード」とは?

まず「Googleサジェストキーワード」がどんなものか、実際に見てみましょう。

Googleのホーム画面を開いて、試しに「Google」と入力してみてください。入力欄の下に「Google 〇〇」といった感じでいくつかのキーワードが並んで出てきましたよね。

赤枠で囲ったこれらが「サジェストキーワード」と呼ばれるものです。

ぺんさん
お!これなら使ったことあるぞ
くまくん
そうだね~予測表示してくれるから便利なんだよ~

「サジェスト」は英語だと「suggest」で、「ほのめかす」「暗示する」「示唆する」といった意味があります。

“suggest”の意味

  • 提案する
  • 暗示する
  • 示唆する
  • 連想させる

サジェストキーワードに関していえば、これらのうち「提案」「連想」が近しい意味合いです。

先ほどのようにGoogleで何かしらの単語を入力すると、連想できる単語の組み合わせや関連する単語が表示されますよね。

これはGoogle側からユーザーに対しての「提案」です。

  • 「この単語を検索しようとしていませんか?」
  • 「次に入力したいのはこの単語ではありませんか?」

とユーザーに示すことで、検索を補助しています。

ユーザーから見たサジェストキーワードのメリット

サジェストキーワードは、ユーザーにとってもサイト運営者にとっても便利な機能です。

ユーザーから見た時に便利なのが、先に候補を提示してくれるということ。

何かを調べようと検索をする時、単語を最後まで入力することって案外少ないですよね。入力欄に途中まで文字を入れたら、表示されたサジェストキーワードから検索語を選ぶ。この流れが多くなっていると思います。

また、単語が正確に思い出せなかったり、調べたいけど漢字がわからない・・・という場面もあるものです。

そんな時、サジェストキーワードがあると正しいつづりでなくても「この単語のことではないですか?」とGoogle側から提案してくれます。

漢字がわからなくてひらがなで入力してもしっかり反応してくれますし、入力時にローマ字入力のままになっていても自動的に日本語で判断してくれるので非常に便利なんですね。

ぺんさん
なんか調べたい時ってうろ覚えなこと多いもんな
くまくん
「こっちの方が知りたいことに近いかも」って候補が出たりもするよね~

しかも、Googleにはサジェストキーワードとは別に「オートコンプリート」という機能もあります。こちらもユーザーにとっては非常に身近で、よく使っている機能です。

オートコンプリート機能では、例えば「り」と入力すれば「りんご」と残りの文字が自動的に補完されます。長い単語でも時間をかけて打たなくて良いのは助かりますし、パソコンのキーボードやスマホ操作が遅くてもサクサク検索が可能です。

ここにサジェストキーワードが加わることで、「りんご 種類」「りんご 通販」など複数の候補が表示されます。

オートコンプリート機能とサジェストキーワードが合わさることで、入力時間の短縮とユーザーへの提案が同時に行われているんですね。

サジェストキーワードが表示される仕組み

Googleは、サジェストキーワードの選定基準として3つの要素を挙げています。

サジェストキーワードを選ぶ基準

  1. 検索ボリュームの多さ
  2. ユーザーの居住地と使用言語
  3. ユーザーの直前の検索

この中で最も注目すべきが「検索ボリューム」です。

検索ボリューム

検索ボリュームとは、その名の通りキーワードが検索された回数を指します。

キーワードはそれぞれ「どれくらい検索されるか」が異なっていて、よく検索されるキーワードもあれば、ほとんど検索されないキーワードもあります。検索ボリュームでいえば、多く検索されるキーワードほど検索ボリュームが重く、検索数が少ないキーワードは検索ボリュームが軽い、ということになります。

多くのユーザーに検索されているキーワードは、それだけ「知りたい」と思われている証拠。

すなわちユーザーのニーズが高いキーワード、といえるので、サジェストキーワードでは検索ボリュームが重いキーワードが重視されるようになっています。

ユーザーの居住地と使用言語

ユーザーの居住地と使用言語も選定基準に含まれるのは、地域によって適切な検索結果を示すためです。

使用言語についてはGoogleアカウントを作成した時の設定から「日本語」が選択されています。

ふっと思いついてGoogleで「近くのパン屋さん」と検索しているCM、あなたも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

あのCMでは、検索時に特定の土地名を指定していません。本来なら地域や土地名を指定しなければ、「近く」というあいまいな検索は意味を成さないものです。しかし、ユーザーの現在位置からGoogleが自動的に「近く」を割り出し、ユーザーに検索結果を提供しているんですね。

検索履歴とパーソナライズ機能

検索する現在位置だけでなくユーザーの検索履歴も表示されるサジェストキーワードに影響してきます。

ユーザーが直前に検索していたキーワードがあると、そのキーワードが優先的に表示されます。これは「パーソナライズ機能」というもので、「そのユーザーが求める検索結果」になるようGoogleに実装されている機能のひとつです。

パーソナライズ機能が働いているかどうかを知りたい場合、「シークレットモード」を使ってみるとすぐに違いがわかります。

試しにGoogleで「りんご おすすめ 銘柄」と検索してからホームに戻り、検索窓をクリックしてみてください。先ほど入力した「りんご おすすめ 銘柄」がサジェストキーワードとして候補に表示されますよね。

1行目に少し紫がかった色で表示されているのがそうです。右端にある「削除」を押せば、サジェストキーワードに表示されなくなりますよ。

Googleはこうした様々な要素からサジェストキーワードを選出し、ユーザーに「提案」しているんです。

サジェストキーワードでユーザーの思考を調べる

そして、サジェストキーワードを分析することはユーザーの思考を追うことにつながります。

サイト運営者にとっては「ユーザーのニーズ」を知ることが非常に重要です。これは以前、こちらの記事でもお話ししましたね。

SEO対策とは?Googleガイドラインから見る「検索エンジン最適化」の意味
SEO対策はサイトやブログを上位表示させるための施策として非常に重要視されます。しかし、そもそもSEOとは何なのか、SEO対策の意味は何なのか。この部分を理解していないと思うように結果が出ないことがあるため、SEOの本質を解説していきます。

SEO対策の鍵を握る「ユーザーの求める情報」。これがサジェストキーワードを活用することで提供しやすくなるんです。なぜなら、サジェストキーワードは検索ボリュームを判断材料としていますからね。

サジェストキーワードはGoogleがユーザーの検索データを元に、入力したキーワードと一緒に検索される可能性が高いキーワードを表示します。

つまり、特定のキーワードに対するユーザーの関心が何と関連しているのか、それをサジェストキーワードから読み取ることが可能です。

例えば「りんご」と入力すればサジェストキーワードが出てきますし、「りんご あ」と入力すれば「りんご 青森」のように表示されます。なので「りんご い」のように入力すればさらに「りんご」に連なるキーワードを知ることができます。

これらのキーワードを知ることができるのは、サイト運営者がSEO対策をする際に非常に有用です。

サジェストキーワードを知ればユーザーの求める情報を提供しやすくなり、それは同時にSEO対策にもなります。「ユーザーのニーズ」に応える、という面でSEO対策の基礎を成すのがサジェストキーワードと言っても過言ではないでしょう。

じっくり腰を据えて書籍で勉強したい!という方にはこちらがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする