WordPressのバージョンを5.0からダウングレードする方法

さっきWordPressを最新の「5.0」に更新したら、エディターがものすごく変わっていまして・・・

にゃんさん
使い方がわからん!?

となったので、急いでダウングレードしました。

メジャーアップデートだと使い勝手が大きく変わってしまうことがあるので、ちょっと困りますよね。もし同じようにWordPressを何気なくアップデートしてお困りの方がいたら、同じ方法で元に戻せるはずです。

参考にしてみてください。

WordPressをダウングレードする方法

まずはWordPressをダウングレードするために、以前のバージョンをダウンロードしましょう。

こちらのページからWordPressの過去バージョンをダウンロードできます
リリース
テストや開発用に WordPress の旧バージョンを確認してダウンロードする。

WordPressはリリースされたバージョンを自由にダウンロードできるので、好きなものを選ぶことができます。今回のアップデートは「5.0」だったので、元に戻したいなら「4.9」より前ですね。

過去バージョンをダウンロードする

私は今回、2018年8月3日リリースの「4.9.8」をダウンロードしました。

上記URLからページにアクセスすると、一番上に「5.0」ブランチがあると思います。

なので少し下にスクロールして、「4.9ブランチ」を探してください。画像の枠で囲った部分が「4.9.8」のバージョン。この行の中から、赤く囲った「zip」の部分をクリックしてzipファイルをダウンロードします。

ダウンロードできたら、zipファイルを解凍しておきましょう。

そして、解凍したらこのフォルダとファイルを削除しておいてください。

  • wp-config.php
  • wp-content

この2つは今まで使ってきた古いものをそのまま使うので、アップロードする必要はありません。

FFFTPを使って過去バージョンをアップロードする

アップロードするファイルの準備ができたら「FFFTP」を起動します。

ダウングレードしたいサイトのフォルダをクリックしたら、「public_html」を開いてください。そして、「public_html」フォルダの中にある赤枠で囲った《以外》のフォルダ・ファイル。これらを全て削除します。

3つのフォルダとファイルを残してスッキリしたところに、準備しておいた旧バージョンのデータを移しましょう。

パソコンのスペックにもよると思いますが、数分でアップロードが完了します。全てのデータがアップロードされたら、WordPressの管理画面にログインしてください。

管理画面にログインしようとした時にこのような画面になっていれば成功です。

ここで「WordPressデータベースを更新」をクリックすれば、無事ダウングレードされています。

お疲れ様でした!

くまくん
それじゃあ、今回のポイントをまとめるよ~

WordPressのダウングレード

  1. 過去バージョンをダウンロードする
  2. ダウンロードしたデータから不要なものを削除する
  3. FFFTPに接続し必要なフォルダ・ファイル以外を削除する
  4. FFFTPを使ってファイルをアップロードする
じっくり腰を据えて書籍で勉強したい!という方にはこちらがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    はじめまして。

    こちらに書いてある通りに「wp-content」「.htaccess」「wp-config.php」以外を削除したのですが、途中でエラーが起こり削除中止になってしまいます。

    それからワードプレスの管理画面に入れなくなってしまいました。
    どうすればいいのかご教授いただけましたら幸いです。