エックスサーバー内のドメイン変更を《FTPソフトなしで》行う方法

先日、エックスサーバー内に置いているドメイン間でURLの変更をしたいなあ・・・と思って方法をいろいろと探していました。

手順としてはいたって簡単なようで、移行先のドメインにWordPressがインストールされていればあとはコピーするだけでOK。ただ、コピーする際にどうしてもFTPソフトを使う必要があるんですね。

そこで見つけたのが、エックスサーバー内の「サーバーパネル」にある「WordPress簡単移行β版」という項目です。

まだβ版となっていますが、これを使えばFTPソフトを起動・設定することなくWordPress内でのドメイン変更ができます。

ただし、大規模サイト(100記事以上)で試したところ成功しなかったので、小規模サイトでないと難しいのかもしれません。大規模サイトで失敗した時は結局FTPソフトを使わなければいけませんでした。

それでは手順を紹介していきますね。

「サーバーパネル」にログイン

まず、エックスサーバーにアクセスして「サーバーパネル」にログインしましょう。

くまくん
「インフォパネル」じゃないから注意してね~

「WordPress簡単移行 β版」の操作方法

ログインできたら、サーバーパネル内の下の方にある「WordPress簡単移行 β版」をクリックします。

するとこんな画面になるので、上のタブから「WordPress移行情報入力」を選んでください。

  1. 移行元URL = ドメインを変えたい「今の」URLを入力
  2. 移行元WordPressのユーザー名・パスワード = 「今の」URLのものを入力
  3. URL = 新しくドメインにしたいURLを入力

①は「.com」や「.jp」まで入れないとエラーになってしまうので注意してくださいね。

また、②で入力するユーザー名とパスワードはサーバーパネルのログインで使うものとは別です。普段WordPressにログインする時に使っているものを入力しましょう。この画面で入力しているものです。

記入が終わったら画面右下に表示されている「移行開始(確認)」をクリックし、確認画面に移ります。

移行元URL、ユーザー名、パスワード、新しくしたいURLに間違いがなければ、「移行開始(確定)」をクリックします。

無事に移行が終われば、移行ステータスに「データ移行完了」の表示が出ます。

10記事以内であれば数分で終わっていました。このあたりは回線等も影響するかもしれませんが、小規模サイトの場合はすぐに終わるでしょう。

注意!データの取りこぼしが発生することも・・・

これで移行先、つまり新ドメインにアクセスすればきちんとサイトが表示されるはずなんですが・・・

私が試してみた時には、テーマのスキンと背景画像がうまく反映されていませんでした

それ以外は特に支障もなく、記事も全て移行できていたのであまり問題はなかったんですが。スキンを元に戻して背景画像をアップロードするだけでしたからね。

やはりまだβ版だ、ということは意識しておいた方が良さそうです。

FTPソフトを使わないでデータ移行ができる!

ですが、FTPソフトってなんかいろいろ接続がめんどくさいイメージを持っている方も多いと思います。

接続は面倒そう、知らない単語がいっぱいで変にいじるのは怖い、なんとかして楽にドメイン変更できないかなあ・・・

これが悩みの種になっていることもあるのではないでしょうか。

エックスサーバーの「WordPress簡単移行 β版」はそんな悩みを解消してくれるので、FTPソフトの扱いに困っていたら使ってみるのも手ですね。

じっくり腰を据えて書籍で勉強したい!という方にはこちらがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする